物語の龍たちとの後半の戦いなどの話などをします

やがて、主人公たちは、龍たちとの攻防が、いくらかの時間繰り返された後に、龍は、大地から、少し離れ、上に上がり、空気を大きく吸い込んでいます。特殊機能が、備わる龍の、本領が発揮される前兆です。だからこそ後から出てきた2頭なのですが、これは不味い、波のあるストーリー性の中の、1部が、今解き明かされます。その言い回しも、もはや過言ではなく。その龍達には、ありとあらゆる物質を、変換する事で、威力を高めることのできる気質も、あるので、おそらく、通常のものに、対し付加されたとてつもない回路がある。通常部分のパーセンテージが、おおよそ20、それだと、最低限の常識という基礎の数値を、表していることが、分かる。それゆえに、維持していく中での、苦しみもそれなりなのですが、空気を、氷に変えてのスペシャルブリザードという技で、鋭い氷が、直線だけでなく、あらゆる角度、ちなみに、後押しも有りで、そこにまで、連系を、効かしてくる、それに対し、主人公は、何かの、大きな玉を、割り、おおよそ百からなる、破片の本質部分だけを、つかみとるような冷静な意識で、迎え撃つ準備をしています。通常の人間では、何かを間違えても仕方ないような内容の中で